マイコプラズマ肺炎

恐ろしいほどの異常な咳です。

一日目は咳がかなり酷いのですが眠り始めると治まって睡眠はとれていたので、よく休んで早く良くなってね~と思っていましたが二日目の夜になると、寝返りをうつような体の向きを変えた時のちょっとしたことをキッカケとするように、ひっきりなしに咳が出続けていました。ほとんど眠れない状態です。
長い咳が続き、やっとの事で眠りについても、ちょっとでも体を動かしたり、本当に普段なら気にとめないような些細な事、きっかけとなるなら何でもいいという感じで、また再び咳が出始め止まらなくなっていました。

コンコンコンコンコンコンコンコンコン・・・延々と続き、そんなに続いていたら肺がおかしくなってしまうだろうと見ているだけでも苦しくなる位の咳です。

昨日の様子と病院の診察時にしていた咳の様子で医師がすぐに「これはマイコプラズマだね」と検査を受け、最近では第一選択とされていた薬剤に抵抗が出て効かない事が多い事と、Rの持病等から重症化の恐れもあるので最初から次の選択薬を出しますねとミノマイシンを処方してもらいました。

お薬が良く効いて、恐ろしかった咳は、あれは何だったのだろう?と思う位すっきりと止まり、疲労困憊していたRは爆睡していました。まさに泥のように眠るっていう状態でした。

今まで見たこともない酷い咳だったのですが、それでもまだ初期段階で、さらにもっと酷くなると聞いて、お薬が合って良かったと心の底から思いました。
最初からこのお薬を出してくれた医師に感謝です。

そしてこんなに酷い状態になっても発作を起こさず耐えられるようになったR。ホッとしたし嬉しかったよ~