気をつけている事

目標の「はーい」と言えるようになる事はまだまだ、まだまだ遠い道のりのようですが普段気をつけてる事。

発作を起こしていたり、昼夜逆転していた時期には話しかけても視線が合わない、合ったとしても意識的にそらしているような事が日常茶飯事でしたが、昨年あたりから以前程ではないけれど視線を合わせないような事が気にかかるようになってきました。

そこで私が意識的にするようになった事。

「いただきます」の時に手を合わせる事はだいぶ前からするようになっているのですが (手を合わせると言うよりパチパチと何かをしたい時の誰にでも伝わる手段としての拍手と同じように) その時にRは視線を合わさないのです。

食べる事はだいすきな事で、毎日繰り返す事だから絶好のチャンス♪

  • まず手をおひざに乗せて姿勢を正します。あまりしっかり正しい姿勢とまではいきません :) その姿勢を正した状態で視線が合うまで待ちます。
  • 次に手を合わせて「いただきます」の合図の時も視線が合うまで待ちます。

私が「どうぞ~」と言わないのでRは不思議そうに? 仕方なくかな? :) こっちを見るので、視線が合ったところで「どうぞ~」と食べ始めます。
もちろんその時は姿勢を正した動作と手を合わせる動作もRがしていられるように視線が合っただけの場合は「手おひざは?」「いただきますの合図は?」と言葉掛けもします。

これもまだまだ毎日ちゃんとできるようにはなっていないけど、ちょっとずつちょっとずつ、これかな? とRが自分で考えてくれるようになってきていると思えます。