この時期のインフルエンザ

まだ周りにインフルエンザの流行が残っているので違和感なく書いていたけれど、この時期のインフルエンザってあまり聞きませんよね。

最初Rが高熱を出し始めた時、まだちょっとだけインフルエンザで欠席している人が居て、「高熱が続くようなら検査を受けてみて下さい」という事でインフルエンザの検査を受けたのです。
Rは二日目、ちょうど受診した日には病院へ着く頃には37度台に、そして検査して陰性でインフルエンザでは無いとの事で家に着いて夕食を食べる頃には平熱に戻っていました。

「熱も下がったしインフルエンザじゃなくて良かったね」と言っていたのですが翌日になるとまた38度台になりそれから高熱続き。
Rの熱が少しずつ下がってきて、あとは凄いハナミズが止まったら回復だね~などと考えていた頃、私も熱が出始めたので様子をみていたら、やはりRと同じように発熱し始めた翌日はスッと平熱に戻ったのです。

これでまた明日になって熱上がり始めたらRと同じような症状。そしてその通りに。朝、体温が落ち着いて低いはずなのに38.7度。
Rはほぼ平熱に下がった二日目に検査を受けて陰性だったので、だけどほんとにインフルエンザに良く似た症状。
発熱翌日、一度平熱に戻り、三日目にまた発熱した私がインフルエンザならRもインフルエンザの可能性は高くなる。

しかし! やはり私もインフルエンザ検査を受けると、陰性でインフルエンザではありませんという結果が。
そしてその後は過去に経験した事のあるインフルエンザにとても良く似た症状。そして肺炎。現在は合併症の副鼻腔炎の頬の激痛はおさまってきたけど、上下の歯を噛み鳴らしてみるとプールで耳に水が入ってしまった時のように響いてたりします。TT
体力も思っていた以上に落ちていてすぐ疲労するので、体中の細胞が細菌と闘っていたのだなぁと実感します。
そういうのはそんなにすぐには回復しないよ。ある程度時間をかけてだんだんと回復するからという事でした。

市販の解熱・鎮痛剤を以前は買って家に置いてあったのですが、1錠飲むか飲まないか位でいつも消費期限を過ぎてしまい捨ててしまう事が多かったので、もったいないから置いとかなくてもいいかなと過ごしてきたけど、やっぱりある程度の置き薬は必要なのかもしれないと考え直したり。

そして、タイトルのこの時期のインフルエンザ! 今もまだ結構学校で流行っています。15~16人居ます。
大抵、この時期のインフルエンザはウィルスが弱っているので、かかっていたとしてもほとんどが風邪ひいてますねという感じで治ってしまう事が多いそうです。

ところが熱が一週間も続いていたりして風邪にしては長引くからと受診して検査をしてみたらインフルエンザだったという事があり、もしかしたら、こういう暖かくなった時期にも流行は毎年あるのかもしれないという事でした。
検査の結果インフルエンザだったら、学校へ報告するので、その後発熱が続いた場合はやはり検査を受けてみて下さいとなりますものね。

今、想うのは「検査は陰性だったけど、たまたまウィルスの量がまだ増えていなかった時だっただけでインフルエンザだったらいいなぁ」という事です。
あんなに長く高熱が続いて似た症状だったのに、もしも違ったものだったとしたら、まだ感染する可能性があるって事ですものね。。。こわい。

感染症は、どこでどんな風にかかるか解らない。かかっても軽く済んで、免疫だけついてくれたらいいなぁと願っています。
あ~だけど、何だったのかよく解らないままって、何だか嫌な感じですね。。。